ウエストサイズはメタボに関係ない

★「メタボ」という言葉は今やすっかり定着し、「肥満」とイメージが重なりますが、ウエストのサイズはこのメタボと関係ないという考え方もあるのです。



サイトトップ > メタボとは?

スポンサードリンク

ウエストサイズはメタボに関係ない

メタボとは?


「メタボ」という省略語がすっかり定着していますが、「メタボリックシンドローム」(metabolic syndrome)は代謝症候群という意味です。具体的には、内臓脂肪型肥満(内臓肥満や腹部肥満)、高血糖・高血圧・脂質異常症という状態のいずれか2つ以上が該当する状態になると、この「メタボ」という判断になります。


高血糖や高血圧などは、それひとつが該当するだけでも健康を損なうには充分な原因かもしれませんが、こうして複数重なると、動脈硬化性疾患などについては、発生頻度がかなり高まってしまうのも確かなのです。特に日本人において注意を呼びかけているのが、内臓脂肪が蓄積したタイプの肥満です。


腹部の肥満というのは男性型肥満で、上半身型肥満(リンゴ型肥満)に対しては最大の警戒を呼びかけているのです。


現実的な問題として、日本人は民族的な特徴によって欧米人よりもメタボリックシンドロームの悪影響を受けやすくなっています。


やっかいなことにこのような生活習慣病というのは、自覚症状に乏しいので、ついつい油断して見逃されがちなのです。自覚症状に乏しいので、いつの間にか肥満度はどんどん進行してしまいます。


その結果が、高脂血症、糖尿病、高血圧や、心筋梗塞、脳梗塞のリスクです。スタイルが悪くなるのは嫌ですが、何より健康面で支障が出るのは問題です。


ウエストサイズはメタボに関係ない

MENU



スポンサードリンク


アクセスカウンター